恐るべし、算命学

 

なんでこんな星の下に生まれて来ちゃったんだろう。
私の人生って一体なんだろう・・・
なんて、悩んだ事のある方ってたくさん居ると思います。
小学生の頃の私も、そうでした。

落ち込み傷つく

それでも、いつかきっと幸せになると信じて、
ひとつひとつの出来事の意味を考えて、
「いつか誰かの役に立つ智恵になるかもしれないな」

「この事を忘れずにいよう、大人になっても、覚えておこう・・・」

ずっとそんな事を思いながら、ひとつずつ、乗り越えて、生きてきました。

どんなに辛いことがあっても、
自分の人生を放り出す事なく、大切に生きてきました。

生まれて来た事を悔やんだ事もあったけれど、
試練には、ちゃんと意味があるんです。
それこそが自分に与えられた天命の課題。

そして、どう進めばうまく波に乗れるのか、
どう進むと、逆流に飲まれてしまうのか、
その辺もしっかり示されているんです。

今日、吉祥寺の占いサロンJupiterで、鑑定してもらってきました。
鑑定士の河村共華さんは、【算命学】を、10年以上学んでいらっしゃる方。
生まれ持った星の意味を、ひとつひとつ丁寧に説明してくれます。

なぜ、私が母親が5人もいて、離婚を経験し、発達障害の子供、
性同一性障害の子供の親になったのか。
なぜ、その生い立ちの中でも、明るく逞しく生きて来られたのか・・・

その事を、自分の資質として学びに変え、
自分の経験が、誰かの役に立つのではないかと考えた理由も、
カウンセラー、セラピスト、コーチの勉強をした理由も、
そして、なぜ、今、職業「癒しすと」として、
今までの生き方とは全く別の道を生きようと思ったのか。

今日、全ての筋書きが分かりました。
これが、私の天命だったんです。
全て、導かれていたんですね。

「癒しすと」が、私の天命、天職だったんです。

自分の強み、天命を知りたい方は、
ぜひ鑑定してもらって下さい。

私も、人生の羅針盤として、
利用させていただきます。

共華さんと私

ありがとうございました。