参加された方が、感想をFacebookに投稿してくれました。

性同一性障害お話し&相談会@東海道かわさき宿交流館、
アジアサイエンスカフェ※に入居されている
(N)性同一性障害支援機構※のKさん母子の方のお話とQ&Aです。

「心が男性なのに肉体が女性」(Kさん)となって生まれてきたお子さんとお母さんの体験談、
本来の性の目覚め、カミングアウト、学校生活、
戸籍の変更、手術 ・・・物凄く大変なことだと思うのですが、
親子掛け合いで明るく語られました。

難しい問題に正面から向かっていく、
本人もそうですが、お母さんの笑顔を絶やさない姿勢に感動しました。

性同一性障害はある確率で必ず存在する障害
(この言葉が適切かどうかわかりませんが)の一つ、
家族だけで悩むのでなく、このNPOのように、社会的に取り組んでいくことが必要です。

ようやく法制度も整ってきたようですし、
母子の暮らす川崎市の対応がしっかりしていたという発言も、
嬉しく受け止めました。

Kさんのこの会、継続して開催するそうですので、
関心のある向きは、是非どうぞ

素敵なご感想をありがとうございました。

アジアサイエンスカフェ
(N)性同一性障害支援機構

性同一性障害お話し&相談会の様子