中学生の頃の愛読書「格言の花束」

 

格言の花束

なにもかもが失われたときにも
未来だけはまだ残っている
byボビー

忍耐とは希望をもつことの技術である
byヴォーヴナルグ

生きる事に疲れ、生まれてきた事を嘆いていた中学生時代に、
私はこの本に出会い、この言葉に出会った。

当時の私を支えてくれていたこの本。

いつも持ち歩いてたくさんの勇気と優しさをもらった。

飛び立つ

40年という時を過ぎて、また手にする事ができた。

そっと・・・ページを開いてみた。

そうそう、この言葉に支えてもらってたな・・・
そんな言葉がたくさん出てくる。
なんだか心の奥が熱くなって力が湧いて来るな。

まだまだ、これからって勇気が湧いて来る。