カウンセリングの神様

 

おいおい、

何やってんだい

そんな事、相手にしてんじゃないよ
どこ見てんだよ

何をやっちまったとか、何を背負っているとか、
そんなこたぁ、いいんだよ

そんなの相手にしたって
太刀打ちできっこないだろ

そーじゃねえんだよ

おめえさんが相手にするのはさ、

ほれ、目の前にいるそのお方、人間様だよ

目の前にいらっしゃるそのお方のな、
顔つき、肌つや、目の動き、輝き、
体温、息づかい、身体の力具合を、
しっかり感じておやりよ

よく覚えておきなよ。

おめえさんが向き合うのは、
目の前の人間様の苦しみや悲しみだよ

それを、感じておやりよ
しっかり見ておやりよ
ただ、ただ、聞いておやりよ

そんでよ、寄り添ってりゃあいいんだよ

余計な事しなくたって
余計な事言わなくたって
余計な心配しなくたって
大丈夫なんだよ

そのお方には、乗り越えて行く力があるんだからさ
しっかり前に歩き出す力をお持ちなんだからよ

なあ、おめえさんが、解決するんじゃねえんだからよ

そのお方が、ご自分でなさるんだからよ
それを、信じていればいいんだよ

・・・・・・「はい。かしこまりました。」

ずっとずっと昔に、
長屋に住むべらんめえ調の神様に言われた気がした(笑)

いつの頃だったか。

私は、この神様の教えを、私のカウンセリングにいかしたいと思ってます。

笑顔を輝かすカウンセリング