うさぎと亀の呪縛を外してみたら

 

うさぎと亀のお話しを、小さい頃に聞かされて、
ひと休みしたり、昼寝をしていたらいけないと思っていました。

海援隊の『母に捧げるバラード』でも、

「休みたいとか遊びたいとか そんな事お前いっぺんでも思うてみろ
そん時は、そん時は死ね」<作詞 武田鉄矢 母に捧げるバラードより>

なんて、セリフがあって、それ聞いていましたし・・・
とにかく、止まるな!休むな!って生きてきたけどね・・・

7月のブログのそこに勝ち負けは必要なの?に書いたように、
うさぎと亀の呪縛を外してみたんですよ。

うさぎと亀

そしたら、とても楽になったんです。
止まっていることは、決して悪じゃないんですね。

ひと休みって、必要なんだなと思いました。

そしたら、足るを知ることもわかって来て、
今あるものを精一杯が、できるようになったんです。

じゃあ、もっともっと昔からできてたらよかった?
そう考えてみると・・・それは、どうだろう。

ガムシャラが必要な時期を通って来たんだろうなと思う。
休まずに来たから、ここまで来られたのかなってね。
あの時、もっとのんびり休みながら生きればよかったとは、思わない。
あの時は、あれがベストだったと思うよ。

大切なのは、これからだよ。これから。

さて、どう生きて行こうかな〜
自分のペースで、自分の人生。

型にはめる

あなたの夢を叶えるお手伝いします。