一歩踏み出すための読書会に質問がありました

 

人見知りで口べたでも参加できますか?

「ありの〜ままの〜♪」がものすごく流行っています。
自分の個性を大切にして、そのままで生きよう!と。

「全国民右にならえ」が根付いているこの国で、
みんなと違うのって、ちょっと不安だったり怖かったりしますよね・・・

「Read for Actionの読書方法で行う読書会」
私の考えている「一歩踏み出すための読書会」について質問をいただきました。

質問

質問:
「私は、人見知りをするし、口べたな方です。難しい本も読んだ事はありませんし
知識も全然ありません。人の前で何かを発表したり、意見交換するのも、苦手です。
私みたいな人間でも、読書会に参加すれば、何か見つけられますか?」

あれ?これ、私?って一瞬、思ってしまいました。
私が、初めて読書会に参加する前に思っていたことと、そっくりなんです。
→ 初めての読書会に参加した時のブログ

答え:
「あなたに、何か見つけたいという思いがあれば、大丈夫です。
安心して参加してください。」

私の考えている読書会の特徴は、
・口べたOK(1〜2分お話しいただく程度)
・認め合う(承認しか存在しません)
・簡単(私が難しいことを話せません)

私が今、苦手なことはしない!
苦手意識を持っていたら成長できない!と言う考え方もありますが、
無理に苦手なこと、腑に落ちないことをやっても楽しめませんし、
相手に伝えることも難しいと思います。
いつか、苦手じゃなくなったら、どんどん取り入れますから(笑)

初めてでも楽しめて、ありのままを受け入れて、ALL OKな場所。
もちろん、参加されるみなさんが、楽しく安心して安全に過ごすための、
マナーは、それぞれに守っていただきたいと思います。

1人1〜2分ずつ、お話ししていただく場面がありますが、
その人が、生きてきた人生と価値観を尊重するという意味で、
それに対する、反対意見、ダメ出しは一切いたしません。
否定したり、どちらの考えが正しいかという判定や、ディスカッション、
結論を出す必要もありません。

それぞれに、思うことを話していただくだけです。

「へえ〜、なるほど〜、うんうん、そうなんだ」
そこにあるのは、あなたを承認してくれる声だけです。

答えを見つけたいという気持を持って参加されれば、
必ず見つけることができます。
「なんか見つかるかも〜」という消極的な姿勢より、
「せっかく時間使って、わざわざ参加するんだから、必ず持ち帰るわよ!」と、
それくらい、強い意気込みで参加してくださいね。

答え探し

参加者のみなさんが、それぞれの価値観で見つけ出した答えから、
「あー、こうなる?」「ここつながるかも」「もしかしたら、こういうこと?」
どんどん、どんどん、気付きやヒントが広がります。

そんないろんな味がギューっと詰まった、おいしい読書会にできるように、
ファシリテーター(進行役)として、務めます!
おいしい具材は、もちろんみなさん自身です!!

みなさまの、参加をお待ちしています。
質問がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

一歩踏み出すための読書会