人生の棚卸し 強みを100個書き出す 後編

 

人生の棚卸しをしてみませんか?
自分の経験・スキルを言語化してみよう!

6月20日(金)の夜、コワーキングスペーズYou+で開催されたイベントに参加しました。
講師は、著者の強みの言語化や形式知化に携わっているフリーランス編集者の吉田秀次さん。
昨日のブログ<人生の棚卸し 強みを100個書き出す 前編
参加してよかった〜と思える事を、昨日書きましたが、
結局、どんな事をするのですか?も知りたい情報ですよね(笑)

人生の棚卸し、実際に、こんな事しました!

 

・講義
講師の吉田秀次さんから、棚卸しの必要性とか、誕生秘話とか、始めたキッカケとか、
実話をたっぷり含めた、お話しがありました。
それから、実際に吉田さんが出された、『強み100』を見せていただきました。
そこに書かれていたのは、お仕事でされている事から、趣味に至るまで、これもあり?も(笑)
・・・・心の声「専門的な仕事に関わるスキルがずらり、私、あんなのないし、そんなにないよ
・・・・この段階では、そんな風に眺めていました。

・ワーク
とりあえず、自分の強み、スキル、できる事をとにかく100個書きましょう!
パソコンを持って来た人は、Excelを立ち上げて、いきなり打ち込み!
パソコンを持っていない人は、A4の用紙やノートに、手書きしていきます。
私はノートに書きました。カテゴリ分け、レベル評価の記入枠も必要。
・・・・心の声「100個なんてないよー。えー。私何ができるの?料理もいいの?笑顔とかも?
・・・・これは、含めていいの?強みって言えるの?と、自問自答が続きます。
・・・・100個は、なかなか、出て来ない・・・無理矢理埋める感じ(笑)

何ができるのか、何が強みなのか、そのレベルは?
それは、全部、自己申告、自己評価でいいんです。

とりあえず100個書きだしたら、今度は、グルーピングして、AとかBとかランク付けね。
紙に書いた人は、マーカーで色分けして、帰宅してからパソコンに入力しましょう。

・シェア
パソコンで書かれた人のリストを、プロジェクターで見せてくれました。
うわ、すごい。見た事もない専門用語が、ずらーっと並んでいたり、
みなさん、すごい方々なのねと、圧倒されたりね。
でも・・・自分のを見直したら、私もなかなか頑張って来てるじゃんと思えて来ました。
・・・・心の声『こんなにも多くの事を、経験して乗り越えて来たんだなー
・・・・そして、それらは、カウンセラーとして役立つものがたくさんありました。

こうして、私は、自分の強み100を手に入れる事ができました。
帰宅後、しっかり完成させましたよ・・・
あくまでも、自己申告、自己評価
自己否定感が強く、自己評価が低い方は、成績付けをしない方がいい場合があります。
自分でAを付ける事ができずに、Cが並んでしまって自信がなくなる事があるので、
その場合は、あえて評価の欄を作る必要はないという事です。

人生の棚卸し 強み100

そして、これをどう活用するのか、これから先どうするのか?
記憶の薄れない間に、レポートします(笑)

覚え書き・・・パッケージ、掛け算、更新

強みを100書き出す方法は、本田直之さんの著書
パーソナル・マーケティング』に詳しく書かれているそうです。

コワーキングスペースYou+(WEBページ)
コワーキングスペースYou+(Facebook)