私が組長と呼ばれる理由

我が家は明るい母子家庭「美由起組」

最近また、聞かれる機会があったので、
4年前のブログを紹介します。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

最近、ブログを読んでくれる方に、
「どうして組長って言うんですか?」と、聞かれる事があります。
組長と言う、ハンドルネームは、ちょっと怖そうで、
なんとなく、危ない人かと思ったとか(笑)

今は、放置状態の美由起組という、サイトがあります。
その管理人をしています。数年、放置したままですけど(笑)

美由起組看板

明るい母子家庭、人生七転八起をモットーに、
笑いと元気と勇気を分けてあげられるような、
そんなホームページを8年前12年前に作りました。

命を張って一家を守ると言う事から、組長を襲名(苦笑)
サイトの名前は、そのまま「美由起組」に。

平成8年、父親に包丁を突きつけられて、
「てめえ、死にやがれ」と、すごまれました。
でも、その時、姫は6才、空は1才。
私は、死ぬ訳にはいきません。
「死ねません。私は、2人の子供を育てたいから、死ねません」
刺されるかもしれないと思いながら、父を睨み返しました。
「だったら、ガキを殺して、死ね」
父は、私に、そう言い放ったんです。
その時、ずっとずっと、我慢してきた堪忍袋の緒が切れました。
もう、この人を父と思うのは、やめよう。

「殺せないし、私も死なない」私は大声で父に叫びました。

ま、そんな様な経緯があり、私は、2人の子供をつれて実家を出て、
母子家庭を支える組長となりました。

明るい我が家

「我が家は、楽しい母子家庭♪」が、合言葉。
平成8年12月末のスタートでした。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

この「組長」という名前が、いつも私を奮い立たせ、
やる気と根性、そして、子供を守るという責任感の後押しをしてくれました。
言葉の力って、すごいんですよ。
言葉を発すると、自分が一番近くで聞くでしょ。
そして、耳は頭に近い場所にあるでしょ。
脳にダイレクトに入って来るんですよね。

「命を張って一家を守る組長」という言葉を聞いた瞬間から、
私は、その役に入り込み演じる事ができたのかも知れませんね。

そんな私のプロフィールはこちら。

小林美由起(こばやし みゆき)プロフィール

言霊。大切にしましょう。

笑顔を取り戻すカウンセリング