サザンオールスターズ 36周年

サザンオールスターズ36周年おめでとう

<出典 wikipediaより ここから>。.:+*:・’☆。、:+*:.
桑田佳祐ら青山学院大学の学生により1974年頃から断続的に活動が始まり、
1978年にデビュー。主な代表曲は、1970年代では「勝手にシンドバッド」「いとしのエリー」、
1980年代では「チャコの海岸物語」「ミス・ブランニュー・デイ」、
1990年代になると「涙のキッス」「エロティカ・セブン」
「あなただけを 〜‎Summer Heartbreak〜‎」
「愛の言霊 〜Spiritual Message‎」の4作品がミリオンセラーを記録。

2000年代には「TSUNAMI」がシングルCD売上歴代1位の大ヒットを記録。
「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」や「I AM YOUR SINGER」などもヒットした。

2010年代では、「ピースとハイライト」がオリコンウィークリーチャートで1位獲得のため、
1980年代から2010年代まで4つの年代でチャート1位という記録を持ち、
幅広い世代に支持されているロックバンド。

大半の曲はバンドリーダーである桑田が作詞・作曲・歌唱を担当しているが、
他メンバーが作詞・作曲・歌唱をしている曲も存在する。
なお、編曲に関しては一部の楽曲を除き、サザンオールスターズ名義となっている。

連名は基本的に桑田、大森、関口、松田、原、野沢の順で統一されており、
大森独立後は桑田、関口、松田、原、野沢の順になっている。
1995年の活動再開迄は桑田、大森、原、関口、松田、野沢の順での連名が大半だった。

。.:+*:・’☆。、:+*:.<出典 wikipediaより ここまで>。.:+*:・’☆。、:+*:.

サザンオールスターズの読書会

私は、マニアではないし、コレクターでもないので、
全てのアルバムを持っているとか、ライブに多く行っているという事は、
全くないのですが、なぜか、いつもそばにサザンの曲がありました。

テレビで「勝手にシンドバッド」を初めて見た聞いた時は、Σ(@ω@;)
当時、歌詞を大切にする歌謡曲の流れが強くて、桑田さんのボーカルは評判悪かった(笑)
でも、なぜか、心惹かれていました。そして、「いとしのエリー」では、思い切り泣かされた〜

勇気をくれたり、気付かせてくれたり、抱きしめてくれたり、
寄り添ってくれたり・・・サザンの曲はいつも私を支えてくれていました。
桑田さんの綴る詩は、いつも心に響いてきます。

桑田さんの誕生日は、私と1日違い(笑)
デビューした6月25日は、ずっと私を守ってくれていたおばあちゃんの命日。
それから・・・原さんは、遠い、遠い親戚・・・
そして、私が生まれた場所は、茅ヶ崎に続く中原街道沿い。
と、勝手にご縁を感じている私です。

進撃のサザン!2014

今朝、これからの活動について、発表がありました。
夏のライブは、ないようですね。
その代わり、秋にシングルが出ます!
そして、引き続きレコーディング中ということで、
アルバム制作中とか・・・うわ。楽しみです。

待ちに待った、サザンオールスターズとしての年越しライブも!
9年ぶりの年越しライブ。私、サザンの年越し未体験なので、すごく楽しみです。

5月に、右足小指を骨折して、まだ飛び跳ねることができないけれど、
年越しまでには、完全完治できると信じて、体力も付けなくちゃ。
って、もうチケット当てる気満々ですよ(笑)

これからも、多くの人の心に愛を届けてほしいです。

サザン本で読書会

一緒にサザンを語りませんか?
サザンファンのための読書会