あなたの笑顔をキラキラにする組長の相談室

 

お待たせしました(笑)本日、オープンです。

今よりもう少し、幸せだったらな〜
今よりもう少し、輝きたいな〜
という遠慮がちな方・・・

もう冗談じゃないよ。何でこんな目に遭うの?
ちょっと、どうなっちゃってるのこの世の中は!!
というご立腹の方・・・

すみません・・・もうしんどくて、
生きているのがつらいんです・・・
という深刻な方も。

あなたの笑顔を輝かせて、夢を叶えるお手伝いをいたします。
何て言うと、少し偉そうですか?

少し長くなりますが、私がカウンセラーになるまでの、お話しをさせて下さい。

17年前、伝えたい思いがありました。

明るい我が家

シングルマザーになって引っ越した日から、ケラケラ笑っていた我が家。
でも、同じような境遇でも、暗く下を向いている人もいる。
イライラして子供達に、怒ってばかりいる人もいる。

そんなに暗くならなくても、怒らなくても、いいんじゃない?
って、伝えたかったんです。ねえ、笑おうよって。

なんでうちは、笑ってるのに、みんなは違うんだろう?
その時は、理由がわからなかったから伝える事ができずに、
逆に、何で平気なの?何で笑ってるのって?聞かれたりしました。

それから5年過ぎた2002年、みんなに笑顔になって欲しくて、
笑いと元気を提供します】というコンセプトで、ホームページを作りました。

我が家は明るい母子家庭「美由起組」・・・人生七転八起

読者の方から、「元気が出ました」「勇気がもらえました」「頑張れそうです」
そんな嬉しいメールやコメントをたくさんいただき、
相談事に答えたり、質問に答えたりしていました。

けれど・・・どうしても笑顔になれない人もいる。
自分を責めてしまう人もいる。
当時の私は、どちらかと言うと「気合い根性」で生き抜いていましたから、
自分を癒す事も、認める事も、ねぎらう事もできない人間でした。
他の人には、ねぎらいの言葉も、承認の言葉も言えるのに、自分には言えない。
私と同じタイプの人は、どうしても頑張り過ぎて、疲れて上を向けません。
けれど、私は上を向いて笑っているのは、何故?

その時に、初めて気付いたんです。
そうか、生きて来た人生が違う、かかわって来た人達が違う。
私の持っているもの、体験、思いと、目の前にいる人のそれは違うんだと。

その頃、子供達の心に寄り添う時間が今まで以上に必要になり、
また、私が子供の頃、育ててくれたおじの体調も悪くなり、
「美由起組」は、更新されなくなりました。
ただ、ブログだけは、細々と続けていました。

しばらくして、下の子の性同一性障害と、上の子の発達障害の診断書が出ました。
それでも、相変わらず、にぎやかにわいわい笑っている我が家。

性同一性障害の当事者として

発達障害の子を持つ親御さんや、性同一性障害の子を持つ親御さんから、
相談を受ける事も増えました。メールや電話、直接会って話しました。
性同一性障害のテレビ、新聞、雑誌で、私たち親子の事を知り
「ぜひ、お母さんに相談したい」と、私を捜してくれる方もいました。
どの親御さんも、苦しんでいました。悩んでいました。

私は、その親御さん達が、心の中で大切にしているものに寄り添い、
見失っているものに気付いてもらうように、お話しをするようになりました。
すると、1度話しただけで、ほんの短い時間話しただけで、
あっという間に、みなさんの笑顔が戻りました。
私でも、役に立てるかもしれない・・・
私は、カウンセラーを目指しました。

どうか、ひとりで悩まないで、声をかけて下さいね。

私は、たくさんの人の笑顔を取り戻すお手伝いをしたくて、
このホームページを作りました。
今、私がこうして、ここにいるのは、今までかかわったすべての出来事と、
ご縁をいただいたすべての人のおかげです。心より感謝申し上げます。
これからは、ご恩返しのつもりで、お役に立てればと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。