ちゃんと

少し伸びて来ているが、きちんと整えられた植え込み。
手入れをした直後は、まるで角刈りのように、きちんと角張ってる。

見ていて、気持いいよね。
背筋がシャンとして姿勢が良くなるような気分。

NLPを学び始めた頃、2〜3分のワークの中で、
私は無意識に何度も口にしていたんだ。

ちゃんときちんと」という単語を。

「完璧を目指しているんですね?」と問われて、すごく驚いた。

私、自分を、すごく適当でアバウトだと思っていたから。
家計もどんぶり勘定だし、料理を作るのもレシピも見ないし、
調味料も計量しないしね(これは、だらしないの部類かも)

子供達にも、いつも「いいんだよ。できる所までで」
「そんなにきちんとしなくても大丈夫だから」
ってね、小さい頃から、そんな言葉をかけてきたんだよ。

だから、自分は、きちんとさんじゃないって思ってた。

ワーク中に、そんな気付きをいただいて、
自分で自分を苦しめるのは、やめようと思ったの。
だって、きちんとできてるかどうかって、
人が判断する事じゃなくて、人の目を気にした自分が点数付けている事だから。

それが・・・また、やっちまってる。

今年に入って、遅々として進まないサイト作り。
それを遅らせていたのは、このきちんとの呪縛

きちんと形にしてから公開しよう。

ちゃんとカテゴリーが整ってから公開しよう。

きちんと各ページが完成してから公開しよう。

あらら・・・いいじゃんね、カッコ悪くても、センスなくても・・・
とりあえず、伝えたい想いを、とりあえずの形にして、リンク先未完成でも、
公開してから少しずつ、整えていけばいいんだし・・・

その微妙な素朴な感じが、実は私らしさだったりするかもしれない。
そんな事に、今さらまた気付いたりして・・・
今回は、人に言葉をかけていただいたのではなく、自分で気付けたけどね。

なので、まもなく私の新しいホームページを公開できるはず。
あと数ページをきちんとしてからね(笑)

この「ちゃんと、きちんと」の呪縛は、なくては困るものです。
なんでもかんでも、いい加減にじゃ・・困ります。
ただね、「ちゃんと、きちんと」が気になって、動けないとか、
「ちゃんと、きちんと」の他人からの評価を基準にして、自分らしさをなくすとか、
なんだか、生きてるのつらいな・・・ってならないように気をつけてくださいね。

「ちゃんと、きちんと」苦なくできてるかどうか、それは自分が判断すること。

そしてね・・・実は・・

自分らしく

こういう感じの何も手を加えられていない草花も、とても美しい。
可憐で、控えめだけれど、懸命に生きている感じがする。

なんか毎日つらいな・・・って思ったら
いつでも相談して下さい。